床材を安いフローリングにした結果、傷がつき冬冷たくて後悔してます。

新築で買った時、まだ床のフローリングの種類は選べたのですが、新築でローンなどの重圧にそこはあまりお金をかけずに契約してしまいました。

納入後すぐに子供がうまれ、おもちゃを投げたり三輪車を乗り回したりであっという間に傷だらけです。

しかもワックスもこまめにかけないとなんとなくザラザラしてくるのでメンテナンスがとても大変です。

とくに困ったのは子供のトイレトレーニングで何度か床にお漏らししてしまうと、すぐに水拭きしてもその部分がふやけてガビガビになりました。

そこはホームセンターで買った床の傷隠しなどで修理してもダメでした。

床材は白っぽいのにしたのも失敗でした。傷のところが茶色っぽくなり無数の点がゴミのように見えて、掃除機をかけるときいつも悲しくなります。

床の目地が白いとやはり目立ってしまい、ゴミが入ると楊子で書き出してます。

そしてもう一つ、床の構造は床暖房可能なものでしたが、それも予算で省いてしまいました。

やはり安い床材で一階リビングということもあり、床は靴下履いていてもひんやりとします。

2年後ぐらいに床暖房にするといくらぐらいになるか見積りをとってみたら、新築時に提案された価格の2倍近くも高く断念することにしました。

今はホットカーペットで寒さをしのいでいますが、見た目もあまり良くなく冬になるたびに失敗したなと思ってしまいます。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>函館市 注文住宅