自分の理想とする家を想像しよう

私は気密性と耐震にこだわった家を建てたくて、あとは特に考えていませんでした。

なのでハウスメーカーを回ってすぐに一条工務店に目星をつけました。

でも、ある時に地方の工務店で一条と同じ気密性、耐震かつ、自由な設計や内装ができるところを見つけました。

そこの工務店は土地をみて、夏と冬の太陽の動きとはの当たり方を調査し、のきをどの位出すといいのかまで見てくれました。

大手のハウスメーカーで土地を読むことをしてもらえなかった友達は西に大きな出窓があって夏は暑くて締め切っていたり、ウッドデッキがあってものきがないので夏場暑くてとても使えなかったりします。

また、家の中で無垢材の温かさや、造作の家具やベンチなど全て手作りのフィット感があるのも工務店ならではかと思います。

人によって家の理想は違います。

木がたくさん見えているような温かみのある雰囲気が好きだったり、ホテルのようなスタイリッシュでシンプルな雰囲気が好きだったりと選ぶ人によって様々です。

私のように気密性や耐震などのデータにばかり目がいってしまう人には、まずどんな雰囲気の家に住みたいのかを想像してみて欲しいと思います。

家はシェルターではなく、心地よく住むための空間ですから。

もっと詳しく⇒新築 失敗